ホーム >見えない矯正(裏側矯正)とは
 

見えない矯正とは

見えない矯正(裏側矯正)ってどんな治療方法か、みなさんご存知ですか?

歯列矯正というと、歯の前面に金属の装置をつける方法を思いうかべる方が多いと思いますが、このイメージを根本的にくつがえすのが見えない矯正(裏側矯正)です。

見えない矯正(裏側矯正)では矯正装置を歯の裏側に付けることで矯正治療をしていることを他の人たちに気づかれません。



治療の過程は裏側からでも表側からでもそれほど大きく変わりませんが、歯を動かす力加減や角度、動かす速さ等々、非常に繊細な部分で大きな違いがあります。
詳しく書けば専門的なお話になりますので省略しますが、裏側からの矯正は、非常に複雑な技術が求められる治療でもあります。

美しい口元を手に入れたいという気持ちで矯正治療を始める方が多いと思いますが、従来の表側から装置を付ける治療ではどうしても治療中は矯正装置が目立ってしまいます。そのため治療中は本人の美しさまで損ないかねません。
治療を受けている本人もどうしても装置のことが気になり、人の目を気にしてしまいがちです。

 

普通のままの自分で治療を受けられたらどれだけ楽しいだろうと誰もが思うでしょう。
裏側に装置を付ける見えない矯正(裏側矯正)は、こういった患者さんの希望をかなえた治療といえます。