ホーム >見えない矯正は何で難しいの?
 

見えない矯正は何で難しいの?


見えない矯正(裏側矯正)は治療するテクニックが難しいと言われています。
そこで表側からの矯正より治療技術が必要を言われてる点をお話します。



表側からの治療は歯の表面に装置を付けるため見やすく、装置の間隔も広いので歯の動きをコントロールしやすいという利点があります。
また、矯正医が治療を習う場合、ほとんど表側から治療する方法を習うので表側治療に歯科医が慣れているという点もあります。



見えない矯正では矯正装置を歯の裏側に付けるため、装置の間隔が狭く歯の動きをコントロールしずらくなります。
また、治療する矯正医も表側とは違う歯の動き方をするので、いくら表側からの矯正治療で経験を積んでいても、裏側矯正の歯の動きを十分理解して治療しなければなりません。



見えない矯正(裏側矯正)は、裏側からの治療で十分な経験と実績を持った先生が行えば歯のコントロールに問題ありません。
また、矯正装置もずいぶん改良され治療しやすくなっています。
表からの矯正とは違った治療技術が必要ですが、この技術を習得し経験を積んだ先生であれば見えない矯正(裏側矯正)はどなたでも問題なく治療を受けることが出来ます。