ホーム >表側矯正とのちがい
 

表側矯正とのちがい

見えない矯正(裏側矯正)は文字通り矯正装置が見えないことが最大のメリットであり、これが表側矯正との違いです。

ところがこの違いは実際に治療を開始してみると想像以上に大きな違いとなって表れてきます。

これは例えば治療に2年間かかった場合、歯がダイナミックに動く期間は約6ヶ月位で終了します。

つまり見た目上の歯並びは表側からの治療でも裏側からの治療でも6ヵ月後にはかなり改善された状態になっています。

両者共その後も矯正装置を付けて治療をつづけることになりますが、表側矯正ではせっかく良くなった歯並びを見た目上矯正装置が邪魔をしてしまいます。



 

それに引き換え見えない矯正では、歯がキレイにならんだ状態の約6ヵ月後から歯並びをキレイにするという目的の一つを達成したことになります。